ヨーロッパ史学史研究のためのリソースまとめ(イギリス・オランダ・スウェーデン・アイルランド・ポルトガル・スペイン・EU)

備忘のため、ヨーロッパの各国における歴史学論文・歴史家のデータベースをいくつかまとめておく。今度も見つけたら追加予定。

イギリスのInstitute of Historical Research作成。19世紀後半以降を対象。歴史研究者や研究機関、ジャーナル、テーマ、その他(論文・イメージギャラリー・インタビュー等)をまとめている。

オランダ王立図書館(Koninklijke Bibliotheek National Library of the Netherlands )とホイヘンス協会(the Huygens Institute for the History of the Netherlands:訳が不安)によるオランダ史文献テータベースプロジェクト。20万以上のタイトルが収録。

スウェーデン国立図書館によるスウェーデン史文献テータベース。1771年から2010年までが対象。

Ref:
http://www.kb.se/english/find/bibliographies/historical/

1930年代以降のアイルランド史に関する文献データベース。2013年10月現在で84,000件以上。

ポルトガル国立図書館とリスボン歴史学センターによる、ポルトガルの歴史家事典。歴史家だけでなく、研究機関・雑誌等もまとめられている。

1900年以降のスペインの歴史家ポータル。Biblioteca Virtual Miguel de Cervantesに収録されているものに限る。

13の欧州諸国から15のプロジェクトによる、トランスナショナルな歴史学研究の促進を目的とした共同プロジェクト。

———–
上を見ると国立図書館が関わるケースが多いように思う。ナショナルヒストリーだから、なのだろうか。

広告

「アメリカとカナダ、イギリスの歴史研究の約75%がヨーロッパと北米を対象にしている」

という結果がでているそうな。アメリカ歴史学協会の月刊誌Perspectives on Historyの2013年5月号に掲載されている、Luke ClosseyとNicholas Guyattらの”It’s a Small World After All The Wider World in Historians’ Peripheral Vision”という記事のお話。これは、アメリカ、カナダ、イギリスの歴史研究者2400人の研究対象地域を調査した結果に基づく。

調査の結果、タイトルに書いた通り、米英加のその3か国の全歴史研究のうち、3/4以上(約75%)がヨーロッパとカナダとアメリカを対象にしていることが分かったという。細かく言うと、51.9%がヨーロッパ、北米が25.4%で、極東史は9.4%しかない。さらに記事では、各地域を占める世界人口の割合と研究の比率を比較してもいる。

3か国それぞれでの研究対象地域をみると、全体的に、アメリカの研究者はその3か国のうちで”比較的”様々な国・地域の研究をしているが、イギリスの研究者は自国の研究をしている割合が高いという。具体的には以下の通り。

・アメリカの研究者の歴史研究の約68%が北米とヨーロッパを対象にしたもの(アメリカの研究者のうち、アメリカ史を研究している人は33.3%)。ただし、アメリカの研究者はイギリスやカナダに比べて中東やラテンアメリカの研究の割合は高い。

・イギリスの研究者の41.2%がイギリスの研究をしている。次に多いのがヨーロッパを対象にしたもので36.12%、アメリカ史は6.14%。つまり、イギリスの研究の84%がヨーロッパとイギリスと北米を対象にしたものという。

・カナダの研究者の26.83%がカナダの研究をしている(アメリカの研究者やイギリスの研究者でカナダの研究者の割合は0.xxというくらい低い。)。ただ、若干自国史よりもヨーロッパ研究者の割合が高く、28.36%とのこと。

記事では以上のような結果をグラフで示した後、「これで本当にいいの?」と投げかけている。そして最後に、この不均衡を是正するために、次の2つの提案をしている。

①大学は世界の主要地域を全てカバーできるように教員を揃えるべき

②歴史学部はもう少し領域のバランスを取った人選を行うべき

なお、Perspectives on Historyの2013年夏号では、この記事に関連した特集を行っており、記事の問題提起に応じた研究者からの応答の記事が5本掲載されている。また、この調査の詳しい内容は、下記のリンク先にある調査プロジェクトのサイトにもあるようだ。

 

———————————————-

若干ななめ読みかつ端折りながら紹介したので、関心のある方は是非原文を。

これの日本版の研究をやりたい。

考古学史オーラルヒストリープロジェクト“Personal Histories Project”

ケンブリッジ大のMcDonald Institute for Archaeological ResearchのリサーチフェローPamela Jane Smithが主催する研究プロジェクト“Personal Histories Project”が興味深い。Pamela Jane Smithさんは、イギリスとカナダの20世紀の考古学史を専門とする研究者。

“Personal Histories Project”では、シニアの考古学研究者を招いて、研究上の思い出や人生について語ってもらう講演会を開催し、それを記録するというオーラルヒストリープロジェクト。考古学史の史料収集とその蓄積が目的だが、その講演会の記録は、大学のサイトで公開されており、集めた資料(史料)を教育でも活用できるようになっている。

————————————————

(日本の)歴史学界でも、ここ数年、高齢の研究者による思い出語りや史学史上の記録のような文献の刊行が相次いでいる印象があるが、こういった講演動画を公開するというのもやってほしいなぁと。(公開される側は嫌がるかもしれんが。)

英国国立公文書館が第一次世界大戦時の軍の日誌のデジタル化を完了 公開は今後

2013年4月8日、英国国立公文書館(TNA)が、第一次世界大戦の軍の日誌のデジタル化を完了したと発表した。今回は、特に利用の多い“WO95”という史料群のデジタル化が終わったとのことで、第一次世界大戦100周年を前にオンライン公開を予定しているという。

———————————-

WWIの研究は100周年迎えた後の方が史料の収集が楽になりそうだ。先行研究の収集が大変そうだが。

British LibraryがDH関連の新ブログ“Digital Scholarship Blog”を立ち上げ

2013年1月8日、British Libraryが“Digital Scholarship Blog”という新ブログを立ち上げた。

研究者と図書館スタッフとの間の情報交換のためのものという位置づけで、①デジタルコンテンツ②ツールとサービス③研究者とのコラボ/連携④スキルの4つが主要なテーマとなっている。特に③の研究者との連携協力が特に重要な位置を占めているようだ。

British LibraryのDH関連の取り組みを知るうえで、RSS登録しておきたい。

———————-

今のところ国立図書館でこういう電子コンテンツの研究利用に関する部局があるのは、米英ぐらいなんだろうか。

歴史研究者にとってのブログの在り方を考える“Blogging for Historians”

イギリスの図書館や博物館等のソーシャルメディア活用法を若手研究者向けに伝えるSocial Media Knowledge Exchange(SMKE)というプロジェクトがあるが、このSMKEから助成を受けて“Blogging for Historians”というサイトが公開されている。

作成者は、16世紀のイングランドにおける歴史叙述を専門とする、シェフィールド大を出たてのMatt Phillpott氏。氏は、ロンドン大のIHRによる歴史研究者向けの研修・イベント提供プロジェクト“History SPOT”のブログを2010年から担当されたとのことで、今回の“Blogging for Historians”も、この経験が下敷きになっている。

“Blogging for Historians”では、文書館や図書館、歴史研究でブログを実践している人を対象にしたインタビューポッドキャストを提供し、また、そのような実践をしている人がブログで何を得たのか、何を考えて実践しているのかについてのアンケート調査を行うという。そしてプロジェクト期間の終了時にはワークショップの開催も予定されている。

現在、ブログの優良事例を集めるアンケート調査を実施しているようだ。

———

日本の歴史研究者のブログの現状調査、というのも面白いかもしれない。やってみようか。

History SPOT、歴史研究者向けにセマンティックマークアップとテキストマイニングに関する自己研修教材の提供開始

イギリスのIHRが運営している歴史研究者向けのイベントや研修等を実施するHistory SPOTが、Digital History関連の自己研修のための教材モジュールの提供を開始した。これらは登録すれば見ることができる。

提供開始となったモジュールは、XML形式でのセマンティックマークアップ法とテキストマイニングの2つで、各モジュールは研修用教材とケーススタディ、そしてツールの説明の3つの要素からなる。これらはHISTOREの成果とのこと。

また、これら2つのほかに、ビジュアル化、Linked Data、クラウドコンピューティング等の項目がある(が、まだ中身は作られていないようだ)。