英国国立公文書館が第一次世界大戦時の軍の日誌のデジタル化を完了 公開は今後

2013年4月8日、英国国立公文書館(TNA)が、第一次世界大戦の軍の日誌のデジタル化を完了したと発表した。今回は、特に利用の多い“WO95”という史料群のデジタル化が終わったとのことで、第一次世界大戦100周年を前にオンライン公開を予定しているという。

———————————-

WWIの研究は100周年迎えた後の方が史料の収集が楽になりそうだ。先行研究の収集が大変そうだが。

広告

個人所蔵の地域史料を掘り起こしデジタル化する“History Harvests”というプロジェクト

American Historical Associationの月刊誌“Perspectives on History”の2013年1月号に、“History Harvests”を扱った記事が掲載されており、このほどそれが会員以外にも公開された。

“History Harvests”とは、University of Nebraska-Lincolnの歴史学部が2010年に始めたプロジェクトで、James Madison Universityも実施している。これは、学生が地域の個人宅に眠る史料(文書史料に限らない)を掘り起こし、デジタル化するというものだ。だが、単に新史料を発見するだけではない。地域あるいは家族の歴史が、アメリカというより大きな物語にどのように接続するのかを、参加者とともに検証し、議論し、そしてまとめられる。その目的は、これまで見えなかったアーカイブズや物語を可視化させ、公の空間に連れ出すことにあるとされている。

公開された“Perspectives on History”の記事には、前段で紹介した、“History Harvests”の定義や意義だけでなく、実際にプロジェクトを実施する上での9つの注意点がまとめられている。それは以下の通り(意訳している)。

1.地域には様々な歴史が存在するので、テーマ/焦点を絞って実施すること。

2.集めた史料をどのように利用し、どのように扱うのかについて、丁寧に説明をすること。

3.大学内外の機関と連携して実施すること。

4.大まかなコンセプトとガイドラインを決めたら、あとは学生の自主性にゆだねること。

5.実施前の広報は力を入れること。

6.作業を迅速に行えるようフローは維持すること。

7.史料所有者と会える機会は当日だけなので、その時にオーラルヒストリーと史料に関する情報を集めること。

8.参加者にプロジェクトのテーマについての知識を提供したり、それぞれの持ちよった史料についての情報を語りあう機会を提供すること。

9.機関と地域コミュニティとの間の橋渡しをすること。

History Harvestsのウェブサイトには、プロジェクトで集めた史料等のほか、授業のシラバスや広報ポスター等も公開されている。

———————

史料保存×Digital History×Public History×歴史教育のバランスのとれたプロジェクトだと思う。日本だと地域資料デジタル化研究会があるが、これに歴史教育が加わったもの、と考えればよいのだろうか。


ヒューム研究者によるヒューム研究者のためのウェブサイト“davidhume.org”

ヒュームの書き遺した史料のほぼすべてをフリーのオープンアクセスで提供することを目指す“davidhume.org”。

ヒュームの一次史料に加えて、ヒューム研究の参考文献やウェブ上のヒューム研究へのリンクも提供するという。(が、まだまだこれからのようだ。)

作成者はオックスフォード大のHerford CollegeのPeter Millican氏と、Leeds Electronic Text CentreのAmyas Merivale氏。

——————

思想史研究におけるDHって、とりあえずこういうところから、なのだろうか。

UNL professors work to create digital Walt Whitman archive

jaheppler:

Daily Nebraskan:

Walt Whitman, one of America’s most influential and significant poets, isn’t an easy author to parse through. His writing is complex, dense and requires careful study of fragmented manuscripts to fully appreciate or even understand. Since the mid-1990s, the Walt Whitman Archive has been engaged in an ambitious project to digitize Whitman’s notebooks, manuscripts, essays, letters, journals and key contextual resources into an integrated and user-friendly website. In 2007, the Archive moved to the University of Nebraska-Lincoln and under the co-direction of Ed Folsom and Kenneth Price, has made exciting developments into both the public understanding of Whitman, as well as the potential for digitization in the future of academia.

UNL professors work to create digital Walt Whitman archive

The National Archives、18世紀後半以降の裁判関係史料300万点をオンラインで有料提供

イギリス国立公文書館(The National Archives)が、裁判関係の史料をデジタル化等してbrightsolidを通じて提供を開始したようだ。

史料は、Home Office、Prison Commission、Metropolitan Police、Central Criminal Court、そしてthe Admiraltyからのもので1782年以降の300万点という。また、史料は名前・別名・誕生日・地名・罪状・判決などから検索可能。

主にカナリア諸島の新聞を集めたデジタルアーカイブ

スペインのグラン・カナリア・デ・ラス・パルマス大学(Universidad de Las Palmas de Gran Canaria)の図書館による、スペイン及び中南米の新聞デジタルアーカイブプロジェクト。ただそれでもカナリア諸島の新聞記事がメインのようだ。

公開されているのは、1762年以降の300タイトル、700万ページ以上の画像とテキストデータだが、そのテキストデータはOCRだけで公開しているらしく、あまりあてにならないようだ。

それでもテキストをダウンロードできるので、使いようはあるのだが。

ヒロシマアーカイブほか、戦争関連デジタルアーカイブ数件

忘れないうちに幾つか戦争関連のデジタルアーカイブのサイトをメモ。

まずはナガサキアーカイブから。

Nagasaki Archiveでは、デジタル地球儀Google Earthを用いて、長崎の地形を立体的に俯瞰しながら、被爆者の写真と体験談を、1945年8月9日に実際に被爆した場所と関連付けて閲覧できます。また、被爆直後に撮影された写真と2010年現在の写真を重層表示し、被害のようす、その後復興を遂げた長崎のようすを時空を越えて体感することができます。

ヒロシマアーカイブも同じような手法で作成されている。

戦争関連では、その他に「日本空襲デジタルアーカイブ」と、少し毛色が変わるがNHKの「戦争証言アーカイブス」を挙げられるだろうか。

また、調べていてたまたま見つけたのが、第二次大戦中のアメリカにおける日系アメリカ人の強制収容についてのデジタルアーカイブ(ウェブサイト、のほうが正確か)“Densho”がある。

調べたらもっといろいろ出てきそうだ。