#大学あるある をGifアニメで表現した“The Problems of Academics”が面白い

くだらなすぎて面白い。“The Problems of Academics”というサイトがいい感じに肩の力を抜かせてくれる。

このサイトは、大学あるあるネタを全然関係ないGifアニメで表現しているもので、自分としてはツボにはまってしまった。

自分として面白かったのは以下など。

他にもいろいろ面白いのがあるので、ぜひじっくり。

広告

国内11大学による「わが国のサスティナブルな成長に貢献するRU11(提言)」とNatureの記事から

2012年5月22日に、北大、東北大、筑波大、東大、早稲田、慶應、東京工大、名大、京大、阪大、九大の11大学で構成されるコンソーシアムRU11が、「わが国のサスティナブルな成長に貢献するRU11(提言)」を発表した。

具体的には以下の3つの提言が挙げられている。

提言1:限りある財源の中で努力する大学が更に成果を発揮できる環境に~厳しい財政状況の中、資金効率を高める方策を~

提言2:我が国最大の研究費「科学研究費補助金」の早期・完全基金化を~研究効率と資金効率を上げる仕組みの完成を~

提言3:優秀な人材が博士の道を選択し社会に貢献する魅力ある環境の整備を~「競争」と「雇用」の両立を~ 

このうち提言3の前提として、「RU11若手研究者を取り巻く厳しい雇用環境優秀な人材が博士を敬遠」が指摘されている。すなわち、「RU11修士の博士進学数・率が低下」しているとして、平成15年のRU11における修士から博士の進学率が22.8%であったのに対し、平成22年は17.5%となっている数字を挙げている。

ところで、RU11の提言とは別に、時期を同じくして、今年3月20日付けのNatureの記事「国立大学で若手研究者が減少傾向」が公開された。そこでは、若手研究者の減少傾向を指摘し、その原因の一つとして次のように述べている。

若手研究者が減少している原因の1つには、定年を65歳に延長する大学が相次いだことが挙げられる。

もちろん記事では、この指摘に関連して国立大における総人件費削減等を挙げている。しかし、RU11の提言には、このNatureの記事が指摘しているような大学内部の現職教員の滞留等は特に指摘されていないようだ。

——————

ということは当然、Natureの記事を提言を作成したRU11の大学関係者はどのように読んだのだろうか、ということになるが…

「役に立つ13の専攻」と「役に立たない13の専攻」

The Daily Beastというニュースサイトで「役に立たない13の専攻」と「役に立つ13の専攻」という2つの記事が掲載されている。

いずれの記事も、2012年1月にジョージタウン大学のCenter on Education and the Workforceが刊行した“Hard Times”という、学部時代の専攻と就職・給料との関係について調査したレポートと、労働統計局(Bureau of Labor Statistics)のデータに基づいてまとめられている。

したがって、「役に立つ」とか「役に立たない」というのは、低い失業率と高い給料を得られる、今後10年間成長する見込みのある分野に就職できるか否か、という観点でのもの。紹介されている計26の専攻については、最近の就職率や給料や、2020年までの成長の見込み等も紹介されている。

それで、役に立つとされた13の専攻は次の通り。

1. Nursing 

2. Mechanical Engineering 

3. Electrical Engineering 

4. Civil Engineering 

5. Computer Science

6. Finance 

7. Marketing and Marketing Research 

8. Mathematics 

9. Accounting

10. French, German, Latin, and other Common Foreign Languages 

11. General Business 

12. Elementary Education 

13. Economics 

10位?にフランス語やドイツ語の外国語の専攻があげられているのは興味深い。

次に、役に立たないとされた13の専攻は以下の通り。

1. Fine Arts

2. Drama and Theatre Arts 

3. Film, Video, and Photographic Arts

4. Commercial Art and Graphic Design

5. Architecture

6. Philosophy and Religious Studies

7. English Literature and Language

8. Journalism

9. Anthropology and Archeology

10. Hospitality Management

11. Music

12. History

13. Political Science and Government

こちらは軒並み人文・芸術系。12位?に歴史学が出ている。

—————

件の“Hard Times”というレポートについては少し前にも話題になっていたかもしれない。

アメリカにおける学部学生時代の専攻と卒業後の平均収入の関係を調査したレポート

American Historical Association (AHA) が、“New Report Finds U.S. History Majors Highest Earners in Humanities”という記事を掲載している。

これはジョージタウン大学による研究レポートを紹介したもので、そのレポートでは、学部学生時代に修めた専攻別に、卒業後の平均収入を調査している。それによると、人文学の中では歴史学を修めた人のほうが収入が一番高い傾向にあることが分かったらしい。さらに歴史学の中でも、米国史を修めた人のほうが外国史研究を修めた人に比べて高いとのこと。

理系を含め171の専攻に分けて紹介しているので、なかなかに興味深い。

  • New Report Finds U.S. History Majors Highest Earners in Humanities

http://blog.historians.org/news/1340/new-report-finds-us-history-majors-highest-earners-in-humanities

元の資料群は以下。

  • Anthony P. Carnevale – Jeff Strohl – Michelle Melton

http://cew.georgetown.edu/whatsitworth/