タグ別アーカイブ: 地図

古代史史料に登場する地名を検索し、それに言及する他の史料を教えてくれる“Google Ancient Places”

前500年から紀元後500年までの古典のテキストに登場する古代の地名を検索し、その結果をユーザフレンドリーな形で表示してくれるというウェブアプリ開発プロジェクト“Google Ancient Places”(以下、GAP)。GoogleのDH助成プログラムである“Google’s Digital Humanities Research Awards”の一つである。

プロジェクトリーダーは、米サウサンプトン大学のLeif Isaksen氏で、そのほかに英オープン・ユニバーシティ、エディンバラ大学、米カリフォルニア大バークレー校等の研究者が参加している。

この研究では、史料のテキストのなかから古代の地名を見つけ出すことができるというだけでなく、それをもとに、その地名に言及した本を見つけることができるようにするという。前者の「地名を発見する」という点に関しては、“Edinburgh Geoparser”の成果を利用し、後者の「地名から本を示す」という流れについては、この研究グループが開発した“GapVis”を利用している。

Leif Isaksen氏は、「GAPを利用すれば、著者の語る地名がどのように動いているかだけでなく、歴史的なテキストの中で都市の重要度がどのように変化しているのかがわかる」と説明している。

—————

GapVisが興味深い。ヘロドトスやトゥキディデスだけでなく、ギボンも。史学史としても利用できそうだ。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

古代ローマ・ギリシアの歴史的地理情報を調べるための“PLEIADES”

古代ローマ・ギリシアの歴史的地理情報の検索とその共有のためのウェブサイト。昨日とりあげた“Omnes Viae”が参考にしたプロジェクトサイトだ。

アメリカのNational Endowment for the Humanitiesの支援を受け、Ancient World Mapping CenterとStoa Consortium、そしてInstitute for the Study of the Ancient Worldによる共同プロジェクトとなっている。

ウェブサイトでは、古代の地名や名前で検索可能だが、それだけでなく、地理情報・資料言語・年代などからの検索やブラウジングも可能。

—-

古代史専門でないとありがたみが良く分からないが、史料に出てくる地名を調べたりするのに役立つのだろうか。いろいろと情報が豊富なので眺めてみても面白いのかもしれない。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

古代ローマの地図を使いGoogleマップで旅程をたどる“Omnes Vitae”

古代ローマの地名と地図をGoogleマップ上にマッピングし、地図上の2地点を入力することでそのルートを教えてくれるウェブサイト。

古代ローマの地図を公開しているMartin Weber氏のサイト“Tabula Peutingeriana”や、古代ギリシアやローマの地理情報を提供する“Pleiades”等を利用して作成されている。

サイト作成者は、(たぶん)オランダ王立図書館に勤めるRené Voorburg氏と思われる。

イギリスからインドまでマップに表示されるが、どういうわけかスペインがすっぽり抜けている。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

「京の記憶ライブラリ」と京都市明細図のマッピングサイト

京都府立総合資料館が7月1日に「京の記憶ライブラリ」というウェブサイトを公開している。東寺百合文書などの重要古文書のほか、文献資料、写真資料、行政文書など1万点のデジタル化資料を提供するデータベースだ。

京都府立総合資料館のサイトには触れられていないが、この「京の記憶ライブラリ」で公開されている京都市明細図のデジタル化に協力していた、立命館大学グローバルCOEの「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ研究拠点」が、同じ7月1日に、その京都市明細図の各図郭の位置をGoogleマップ上にマッピングしたサイト「バーチャル京都・京都市明細図」を公開している。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized