ラテンアメリカからのDHの発信と世界のDHへの貢献

ラテンアメリカのDHネットワークRed-HDが、今年6月から『デジタルヒューマニティーズ叢書』の刊行を発表している。(ちなみに、Redは”赤”ではなく、スペイン語で”ネットワーク”の意味)

今の所3巻分が予定されており、「recepcion, critica e institucionalizacion」「Lengua, texto, patrimonio y datos」「タイトル不明」の3つ。目次を読む限り、グローバルなDHの動向に絡むものが半分、スペイン・ポルトガル語圏の話題が半分程度と考えられる。

http://www.humanidadesdigitales.net/2018/04/11/preventa-biblioteca-de-humanidades-digitales/

また、カナダおよび英語圏で始まったThe Programming Historianをスペイン語訳する活動にもRed-HDは取り組んでおり、この度、翻訳からさらに歩みを進めた形で、Programming Historianのスペイン語版オリジナルコンテンツの募集を呼びかけている。

Red-HDが積極的にスペイン語圏のDHの発信を行い、さらに今年のDH2018がメキシコ・シティで開催され、これにもRed-HDが大きく貢献していることはまず間違いないわけで、世界的なDHへの貢献も顕著である。英語圏以外の動向も、眼を配っておくべきだろう。もちろん、日本を含め、東アジアもまた然り。

 

だが、一方でRed-HDの構成員を見ると、実際はかなりの程度メキシコ国立自治大学(UNAM)の研究者らが担っているように思われる。

筆者は特にRed-HDと繋がりがあるわけではないので、なんとも言えないところであるが、外側から見ている限り、スペインのDH研究者、研究者コミュニティとの連携は、あまり感じられない。Programming Historianのスペイン語オリジナルコンテンツの連絡先に、バルセロナのAntonio Rojas Castroさんのお名前がある程度だろうか。

http://www.antoniorojascastro.com/

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください