2017年「歴史学関係雑誌論文新着情報」のふりかえり

________1__400x400

昨年好評だった(?)「歴史学関係雑誌論文新着情報」の1年間のツイートの分析を今年もやってみた。今年は、前回扱ったインプレッション数等に加えて、KH Coderも使った分析も試みることにするが、まずは前回通り前提から。

  • 前提

そもそもこの「歴史学関係雑誌論文新着情報」(@historyarticles)のアカウントは、

・日本の歴史学関係雑誌論文のすべてを網羅しておらず、そもそもNDLの雑誌記事索引すら網羅できていない。

・同じ論文情報を2度ツイートしていたりするので、以下のインプレッション数等は全ツイートで同条件ではない。

というところがあるので注意されたい。

また、今回集計するに当たって重要な点は、今年4月にNDLの雑誌記事索引のRSS配信が一か月程止まっていたことが挙げられる。その後、すべて配信がなされたようだが、配信停止があった4~5月のツイート状況が他の月と異なり、それがフォロワーの反応にも影響を与えていると思われる。

  • 全体的な概況

上記の前提をおさえたうえで、全体としては以下のような結果となった。(なお、データ取得日は12月26日の夜で、カッコ内は前年比)

・2017年の総ツイート数 2,728件 (▲ 520)

・2017年のインプレッション総数 2,973,028件 (▲ 436,174)
(*インプレッション数とは、ユーザーがtwitterでツイートを見た回数。)

続きを読む “2017年「歴史学関係雑誌論文新着情報」のふりかえり”

広告

撮影した史料画像等を管理するためのソフトウェアTropyを使ってみて②:縦書きにする

前回の続き。

自分は横文字の史料しか使わないのであまり気にならなかったが、前回エントリの反応のなかで「縦書きはできるのか」というコメントがあった。

翻刻する場合、確かに日本語やアジア言語だとNoteエリアでの縦書きは必要なので、Tropyの質問場所であるForumsで尋ねたところ、運営者から次のような回答があった。

今のところ縦書き対応の予定はない。けど、ユーザの要求があるなら、そしてシステムがそれに対応できるなら、縦書きには対応したいと思う。

さしあたってCSSの設定で縦書きにする方法を教えていただいたので、それを自分で少しカスタマイズした結果は次の通り。

1. Tropyのメニューにある Help から Show log files を選択して開く。
2. logのフォルダが選択されているはず。それと同じ階層に次で作る設定用のCSSファイルを格納する。
3. 以下をコピーしてメモ帳か何かに張り付けて、style.css の名称で保存。

.ProseMirror {
writing-mode: vertical-rl;
text-orientation: upright;
margin: 0 auto;
}

4. Tropyを開きなおせば、以下のように、翻刻やメモ、注釈をつけることができるnoteのエリアが縦書きになっているはず。

Tropy_tategaki

(上記の画像史料は、NDLのデジタルコレクションの著作権切れのものを使用。http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1144621/6

ただし、この方法ではすべてのノートが縦書き仕様になってしまうみたいで、ある史料は縦書き、別のある史料は横書き、といった具合にはならない模様。

詳しい方がいらっしゃれば教えていただけると幸いです。

それと、Tropyの日本語化についても要望を出し、翻訳協力したいとはお伝えしてみた。現在その結果待ちというところ。