人文学へのデジタル技術の活用の歴史をテーマとしたオーラルヒストリー

人文学へのデジタル技術の活用の歴史、あるいはデジタルヒューマニティーズの歴史をテーマとしたオーラルヒストリー”Computation and the Humanities: Towards an Oral History of Digital Humanities”が刊行されていた。1950年代からのデジタルヒューマニティーズの創成期の方々のインタビュー記録を文字起こししたもの。

思わずAmazonでハードカバーを注文するところだったが、SpringerのサイトでCC-BY-NC 2.5ライセンスで公開されていた。

インタビューの音声記録のほうは、それ自体がDHプロジェクトである”Hidden Histories”で公開されている。
Nyhan, Julianne, Flinn, Andrew.  Computation and the Humanities: Towards an Oral History of Digital Humanities. Springer International Publishing. 2016.

http://www.springer.com/it/book/9783319201696

Hidden Histories

http://hiddenhistories.omeka.net/

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中