『ドン・キホーテ』ポータルをスペイン国立図書館が公開 第2部刊行400周年にあわせて

2015年7月8日に、スペイン国立図書館がIberdolaと共同で、『ドン・キホーテ』のポータルサイト”Quijotes”を開設した。これは、『ドン・キホーテ』第2版の刊行400周年を記念して作成されたもの。

quijote

ポータルサイトは、同館に所蔵されている、世界40か国語以上に翻訳・編集された、3,300版を超す『ドン・キホーテ』への一元的なアクセスを提供するものとなっている。具体的には、カスティーリャ語版をはじめ、他言語版やセレクション版等の解説とその書誌情報、同館が2010年に公開した、かなり作り込まれたデジタル化初版本『ドン・キホーテ』(Quijote interactivo)や、同館のLinked Dataサイトdatos.bne.esへのリンク等が提示されている。

Quijote Interactivo

日本語版の刊行史のページを見てみると、19世紀末に子供向けの部分的な翻訳が登場し、どれも英語版をベースにしたものであることや、その後、永田 寛定、高橋正武、会田由らによるカスティーリャ語版をもとにした翻訳がなされたこと等が紹介されている。

ちなみに、国立国会図書館デジタルコレクションで検索してみると、一番刊行年が早いものとして、1893年刊の松居松葉抄訳『鈍機翁冒険譚』(!)の中身をみることができる。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中