ヨーロッパ各国におけるDH史の現状を論じたエッセイシリーズが公開中

ドイツの歴史学コミュニケーションプラットフォームH-Soz-Kultが、2014年10月22日から、”The Status Quo of Digital Humanities in Europe”と題したエッセイシリーズを公開している。

DHが国際的にブームとなり国境を越えた動きを見せている一方で、DHの基盤は各国ごとになっている現状もあるとして、本エッセイシリーズでは、ヨーロッパ各国ごとのDHの歴史を紹介している。取り上げられている国は、スウェーデン、ポルトガル、オランダ、ギリシア、ロシア、スイス、スペイン、スロヴェニア、ノルウェー、ドイツの10か国で、これを書いている11月26日現在では、前半の7か国、スペインまでが公開されている。

シリーズの編集者は、寄せられたエッセイから次の2点を結論として指摘している。

  1. ナショナルなDHプロジェクトは、古くからあるノンデジタルな研究プロジェクトとインフラにしばしば接続しているが、必ずといってよいほどEUの研究インフラとあっさり結びついている。
  2. 国による違いはあれど、パラレルな発展が確認できる。

—-

イベリア半島の2か国ぐらいは読んでおきたいが、その紹介は別稿に譲りたい。ここでの感想として、次の3点をメモしておく。

・ヨーロッパ各国の動きは見えにくいので、良企画だと思う。
・しかし、英仏伊、特にDHを牽引しているといってよいイギリスがないのが残念。
・また、各国ごとのDH史という視点のほかに、時代別でのDH史という視点が歴史学のポータルサイトとしてはあってもよいと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中