アメリカ歴史学会がデジタル研究の評価のためのガイドライン作成に向け委員会を設置

アメリカ歴史学協会(AHA)が、今年1月に、デジタル研究成(Digital Scholarship)の評価をテーマとしたアドホックな委員会”the Ad Hoc Committee on Professional Evaluation of Digital Scholarship by Historians”を設置した。

歴史学研究や教育活動でニューメディアを利用したり、オンラインでの学術成果の発表が進むなかで、それらを研究者の雇用やテニュア、昇進のプロセスに位置づけるようにするのが目的。2年前の2012年1月に、この問題を提起した文書がAHAの委員会に提出され、そして同じ年の6月にタスクフォースが設置されていたので、今回の委員会設置はこの流れの中にあると思われる。

Ref: A Call to Redefine Historical Scholarship in the Digital Turn

同委員会は、デジタル研究評価やオンラインコミュニケーションの現状を調査するとともに、現在既に大学やその他関連機関においてデジタル研究成果を研究者雇用等に活かしているモデルを精査するなどして、今年(2014年)秋までに研究評価ガイドラインを作成するとしている。

ガイドラインには次の2点が含まれることになるという。

1. Criteria for evaluating digital projects and online scholarly communication for hiring, promotion & tenure.

2. A framework for applying those criteria to help departments and promotion committees in using them for actual cases.

上は、要するに、評価基準とその基準を取り入れるための枠組みを設定することにある。

また、委員会はガイドライン等の作成にあたっては、研究機関や大学の多様性や電子出版におけるピアレビューの問題等、複数項目についても考慮すべきとされている。

————
デジタルな研究をどう評価すべきか、日本もこの問題と無縁ではないし、今後取り組むべき課題だと思う。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中