第一次世界大戦史料ポータル”Europeana 1914-1918″ ついに公開

2014年1月29日、かねてから予告されていたとおり、Europeanaによる第一次世界大戦史料ポータル”Europeana 1914-1918″がリニューアル公開された。

主な史料は次の通り。

・個人宅に眠る未刊行の書簡・写真史料など。9万点以上の史料がデジタルかされている。
・Europeana Collections 1914-1918 プロジェクトとして行ってきた、各国の第一次世界大戦関連のデジタル化史料40万点以上。
・フィルムアーカイブ:European Film Gateway 1914プロジェクトによる660時間のフィルム。ニュースやドキュメンタリー、フィクション、プロパガンダ・反戦フィルム等が含まれる。当時の完全な形でのサイレントフィルムがたったの20%しか残っていないことを考えると、貴重なコレクションなのだとか。
・Digital Public Library of Americaや、オーストラリアのTrove、ニュージーランドのDigital New Zealandからの史料提供も。

史料のブラウジングは、書簡や日記、絵葉書等の「資料種別』や、プロパガンダ・捕虜・女性といった「テーマ」、イタリア戦線や東部戦線等の「戦線」で行うことができる。

ちなみに、公開に併せ、30日と31日にはベルリンの図書館で国際カンファレンス’Unlocking sources – The First World War online & Europeana’が開催されている。

——
すごいすごいと言うのはそろそろやめて、こういうのをどうやって歴史学的に評価すればよいのかを考えたい。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中