ヨーロッパ史学史研究のためのリソースまとめ(イギリス・オランダ・スウェーデン・アイルランド・ポルトガル・スペイン・EU)

備忘のため、ヨーロッパの各国における歴史学論文・歴史家のデータベースをいくつかまとめておく。今度も見つけたら追加予定。

イギリスのInstitute of Historical Research作成。19世紀後半以降を対象。歴史研究者や研究機関、ジャーナル、テーマ、その他(論文・イメージギャラリー・インタビュー等)をまとめている。

オランダ王立図書館(Koninklijke Bibliotheek National Library of the Netherlands )とホイヘンス協会(the Huygens Institute for the History of the Netherlands:訳が不安)によるオランダ史文献テータベースプロジェクト。20万以上のタイトルが収録。

スウェーデン国立図書館によるスウェーデン史文献テータベース。1771年から2010年までが対象。

Ref:
http://www.kb.se/english/find/bibliographies/historical/

1930年代以降のアイルランド史に関する文献データベース。2013年10月現在で84,000件以上。

ポルトガル国立図書館とリスボン歴史学センターによる、ポルトガルの歴史家事典。歴史家だけでなく、研究機関・雑誌等もまとめられている。

1900年以降のスペインの歴史家ポータル。Biblioteca Virtual Miguel de Cervantesに収録されているものに限る。

13の欧州諸国から15のプロジェクトによる、トランスナショナルな歴史学研究の促進を目的とした共同プロジェクト。

———–
上を見ると国立図書館が関わるケースが多いように思う。ナショナルヒストリーだから、なのだろうか。

広告

ドイツの歴史学関係ブログのアグリゲートサイト”Planet History”

2013年10月21日、ドイツの歴史学の学生さん(と思われる)Michael Schmalenstroerさんが、”Planet History”というウェブサイトを公開した。

Planet History

(Google先生によると、)このブログは、ドイツの歴史学関係ブログのRSSフィードをアグリゲートして、一覧して表示させてくれるというもの。まずは142件のブログが登録されている(そのうち約半数は、主にヨーロッパの人文・社会科学系研究者のブログプラットフォームであるde.hypotheses.orgからのもの)。歴史学のものに加えて、アーカイブスや図書館学、考古学などの関連諸領域のブログも掲載してくれるそうだ。

——————-

ということで、ドイツ史関係者はぜひに。