歴史研究者にすぐに”使える”マッピングとGISのスキルを提供する“Geospatial Historian”

歴史研究者(人文系研究者)向けに、研究ですぐに“使える”デジタルマッピングとGISのスキルを提供する“Geospatial Historian”という研修サイトが公開されている。公開は2013年2月4日の模様。

Pythonの知識を提供するProgramming Historianをモデルとしており、作成者はJim CliffordとJosh MacFadyen、そしてDaniel Macfarlaneの3人(いずれも環境史が専門のよう)。今のところ次の4つの内容が公開されている。

Lesson 1: Google Maps and Google Earth
Lesson 2: Installing QGIS and Adding Layers
Lesson 3: Creating New Vector Layers
Lesson 4: Georeferencing

————

自分はもっぱら思想史で、地図というか、空間から歴史を考える、ということをあまりしてこなかったので、なんとなく及び腰になるがDHを考える上で避けては通れないので、コツコツやっていかねば。

広告

1件のコメント

カテゴリー: Uncategorized

歴史研究者にすぐに”使える”マッピングとGISのスキルを提供する“Geospatial Historian”」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 歴史研究者向けGISトレーニングマニュアル 無料公開 | 歴史とデジタル

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中