移動式デジタルメイカースペース“DHMakerBus” プロジェクト始動

2013年4月14日に、カナダのウェスタン大学の院生による“DHMakerBus”というプロジェクトが発表された。このプロジェクトは、バスを使った移動式のデジタルメイカースペースを作ろうというもので、その運営を通じて、Digital Humanitiesの一般への発信、つまりDigital Public Humanitiesを目指すものだと言えるだろう。

このプロジェクトは、まず、寄付を募って(ロンドンの?)スクールバスを購入し、その内部をメイカースペースへ改造するところから始められている。

その後、メイカースペースとしての更なる充実を図るために、今年アメリカのネブラスカ大学リンカーン校で開催されるDHの国際会議(DH2013)に参加して、参加者からアドバイスをもらう予定。そのため、当然のことながら、現地まではバスで移動という。

その後ロンドンに行き、UnLondon Digital Media Associationから支援を受けて、移動式メイカースペースとしてロンドン市民に貢献しようというものだ。

メイカースペースの設置が相次いでいるが、それをバスにしようという発想はなかったし、ましてやそれがDHと結びつくのかと驚いた次第。

なかなか面白い取り組みだと思う。しかしなぜカナダの院生がロンドンなんだろうか。

広告

移動式デジタルメイカースペース“DHMakerBus” プロジェクト始動” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中