アメリカにおける人文学の現状を知るための統計データ提供サイト“Humanities Indicators”

2012年11月27日、アメリカ歴史学会(AHA)が、American Academy of Arts and Sciencesの運営しているウェブリソースサイト“Humanities Indicators”を紹介している。

この“Humanities Indicators”は、アメリカにおける人文学に関する様々な統計データとそのグラフを提供するもので、大きく5つのパートに分かれている。その5つとは、以下の通り。

① 小中高における人文学教育

② 大学および大学院における人文学教育

③ (特に大学・大学院における)人文学専攻者のキャリアパス

④ 人文学の研究助成・研究支援

⑤ 日常生活における人文学(人文学のスキル、公共図書館や博物館等の人文学関係機関への支持・利用、人文学に対する市民の意識等)

また、上記の5つのパートの下に、さらに詳しい情報がぶら下がっている。

例えば、「③ (特に大学・大学院における)人文学専攻者のキャリアパス」の下には、人文学専攻者の所得・職業満足度があり、これによると、アメリカ史専攻者は平均より11%高く、人文学では最も多く稼いでいる等が分かる(下図参照)。

ちなみに、データはアカデミーのスタッフによって定期的に更新され続けているとのこと。

かの国の人文学の現状を知るためには有効なツールだと思う。

———————-

こういうのは日本でもぜひほしい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中