査読を受け、かつデジタル形式で研究書を刊行する4つのモデルとは?

2012年11月16日に、ペンシルバニア大の歴史学部の院生向けに開催されたワークショップ“Researching, Writing and Publishing History in the Digital Age”で、ハートフォードトリニティカレッジのJack Dougherty准教授が招待講演を行っている。

講演は、「研究者にとってのデジタル出版環境の激変」をテーマとしたものだが、6分という短い時間であるため、あらかじめ10月30日に氏が自分のブログで、講演のコンセプトとなるものを例示している。それが、タイトルにある「査読を受け、かつデジタル形式で研究書を刊行する4つのモデル」である。

そしてそのモデルとは以下とのこと。

①電子書籍(印刷版をただ電子化したものから、デジタルコンテンツを駆使したデジタルならではのものまで存在)

②ガイド・サイト(紙または電子で刊行した研究書で扱うことができなかったものを、フリーアクセスのサイトを構築して提供するというもの。)

③ドラフト版の公開(ドラフト段階の原稿を公開して意見を募るオープンピアレビュー)

④オープンアクセス出版

ただし、いきなりあれこれを始めるのは勇気がいるものなので、さしあたり歴史系の院生は、カンファレンスペーパーをデジタル版で共同執筆・編集するところから始めたらどうか?と提案している。そのほか、ブログ記事では、4つのモデルにそれぞれの実例と、記事最後で参考になる論文数編が挙げられている。

—————————-

要するに、単に紙でやったことをデジタルにしましたということではない、ということだろう。当たり前といえばそうだが、歴史叙述の変化(の可能性)の一つとして考えておきたい。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中