国際会議を元にした人文学史シリーズ“The Making of the Humanities”がオープンアクセスで公開 11月には第3回目の会議が開催

2010年に第1巻“EARLY MODERN EUROPE”、2012年に第2巻“ From Early Modern to Modern Disciplines”が刊行された(少々スケールの大きい)人文学史シリーズ“The Making of the Humanities”(Bod, Rens, Maat, Jaap & Weststeijn, Thijs, Amsterdam Univ. Press)が、OAPEN Libraryで無料公開されている。PDFダウンロード化。

どうやらこのシリーズは、2008年、2010年に開催された書名と同じタイトルの国際カンファレンスが元になっているようだ。今年の11月1日からはローマで第3回目のカンファレンスが開催されることになっていて、プログラムにはThe Humanities and the Sciences、The Humanities in Society等とともに、Writing History、Information Science and Digital Humanities等のセッションも入っている。

——————————-

ありそうな気もしたが、類例が思いつかない。興味深い、野心的な取り組み。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中