人文学の将来に関する10の予想

2012年9月16日に、ONLINEPHDPROGRAMSが、ブログで“10 Predictions For the Future of the Humanities”という記事を掲載している。学生の学費負担の増加、実益に役立つような人文学への期待など様々な要因から、生き残りをかけて人文学の改革が求められているとし、記事ではその観点から人文学の将来について10の予想を示している。その予想の内容は以下の通り。

1.テクノロジーが人文学においてより大きな役割を担うようになる

2.大学院・博士課程教育の改革が行われる

3.アカデミズムの外への就職が重視される

4.人文学部は自身の有する価値について正当化を行う必要がある

5.学術出版活動がウェブ上に場を移し、学術雑誌等もデジタル化が進む

6.人文学教育があらゆるレベルで変化する

7.人文学と他の学部との協同が進む

8. 人文学はビジネス重視で進む現状の教育改革に反対する

9.人文学の多くの専攻が予算削減により消えていくことになる

10.人文学の教員は人文学の営みを守るための活動を行わなければならない

ブログでは、上記の10の予想に関連した他のウェブサイトへのリンクがつけられているので、それも参考にしたい。だが、書かれている内容は、ごもっともというか、現在議論されているポイントばかり、という印象ではある。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中