アメリカ歴史学会(AHA)、全米規模で歴史学専攻学生のコア・コンピテンシーと学習成果を示す文書を発表

2012年8月30日にアメリカ歴史学会(AHA)は、かねてから進めていたTuning Projectの文書“History Dicipline Core”を公開した。

Tuning Projectは、全米規模で歴史学専攻学生のコア・コンピテンシー(歴史学を学ぶと何ができるのか)と学習成果(歴史学専攻学生は何ができれば歴史学のスキルと考え方を表に出すことができるといえるのか)の指針、レファレンスポイントを構築するプロジェクトである。文書は、プロジェクトを進めてきたAHA教育部会のメンバーでコロラド大のAnne Hyde氏らがまとめている。

文書の構成は、序文に始まり、Part1で歴史学の営みについて定義づけ、次いでPart2の前半でコア・コンピテンシー10項目、後半で学習成果21項目を示すものである。(具体的な中身は原文を参照のこと。)

文書の序文でHydeは、歴史の教育と学習に関するあらゆる議論は教員の主導で行われるべきとの考えに基づき、文書を作成するにあたって国内70以上の関係機関との議論を行ったとしている。またこの文書について、大学の歴史学部や関係部局内での議論を喚起するレファレンス・ポイントとしてのものであり、高等教育における歴史学の本質や歴史学専攻の学生が身に着ける知識やスキルについてステークホルダーとのコラボを始めることに狙いがあるとしている。

コア・コンピテンシーと学習成果を見てみた感想として、大体予想がつくものだがまとめるにあたって苦労したんだろうな、というところ。

特に目を引いたのが、コア・コンピテンシーの10項目目のbにある、「ある特定の議論、語り、一連の考えについてコミュニケーションするのに最も適したメディアを考えることができる」という一文。発信についてちゃんと媒体を考慮せよと、意識している点が興味深い。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中