「歴史学における学術成果を再定義する」-1993年AHA臨時委員会レポートから

1993年12月に、アメリカ歴史学会(AHA)の臨時委員会が“Redefining Historical Scholarship”というレポートを公開している。

80年代末から90年代にかけての大学教員の業績評価の在り方に対する議論―すなわち、教員のテニュア獲得や昇進の基準として、「研究」「教育」「サービス」の3つが掲げられながらも、結局「研究」重視となり、場合によっては「研究」対「教育」のような構図が生まれてしまっていることへの批判的再検討の議論―という背景がある。AHAは1991年以降3つの業績評価基準の検討プロジェクトに関わることになり、結果、その臨時委員会が結成された。

レポートは、タイトル通り、歴史学における学術成果とは何かについて検討を行ったもの。先ほどの3つの捉え方に対する批判的立場を出発点にしているため、これに替わるような思考のフレームワークが模索・提示されている。

それが、Eugene Riceの“The New American Scholar: Scholarship and the Purposes of the University”を下敷きにして作成された、(というか、Riceの提示した枠組みをそのまま使い、歴史学者の活動を分類した、)以下の4つの枠組みである。

1. The advancement of knowledge includes:

Original research—based on manuscript and printed sources, material culture, oral history interviews, or other source materials—published in the form of a monograph or refereed journal article; disseminated through a paper or lecture given at a meeting or conference or through a museum exhibition or other project or program; or presented in a contract research report, policy paper, or other commissioned study

Documentary or critical editions

Translations

2. The integration of knowledge includes:

Synthesis of scholarship—published in a review essay (journal or anthology), textbook, newsletter, popular history, magazine, encyclopedia, newspaper, or other form of publication; disseminated through a paper or lecture given at a meeting or conference or through a museum exhibition, film, or other public program; or presented in a contract research report, policy paper, or other commissioned study

Edited anthologies, journals, or series of volumes comprised of the work of other scholars

3. The application of knowledge includes:

Public history, specifically:

Public programming (exhibitions, tours, etc.) in museums and other cultural and educational institutions

Consulting and providing expert testimony on public policy and other matters

Contract research on policy formulation and policy outcomes

Participation in film and other media projects

Writing and compiling institutional and other histories

Historic preservation and cultural resource management

Administration and management of historical organizations and institutions

Archival administration and the creation of bibliographies and databases

Professional service—editing journals and newsletters, organizing scholarly meetings, etc.

Community service drawing directly upon scholarship— through state humanities councils (e.g., public lectures), history day competitions, etc.

4. The transformation of knowledge through teaching includes:

Student mentoring/advising

Research, writing, and consulting in history education and in other disciplines allied to history

Development of courses, curricula, visual materials, and teaching materials (including edited anthologies, textbooks, and software)—implemented in the classroom or disseminated through publications (books, professional newsletter articles, etc.), papers (annual meetings, teaching conferences, etc.), or non-print forms

Organization and participation in collaborative content- based programs (workshops, seminars, etc.) with the schools

Participation in developing and evaluating advanced placement and other forms of assessment

Museum exhibitions, catalogues, lectures, film, radio, etc.—public programs as forms of teaching

知の推進・知の統合・知の応用・知の変換とでもなるのだろうか。

レポートは以上を示した後、再定義された歴史学の学術的成果に対する評価において考察すべき問題を挙げている。1つ目は、4つのうち個々の研究機関でどれを重視するのかというバランスの問題、2つ目は教育活動や展示へのかかわりを評価してもらうためにどう「文字化」(documentation)するのかという問題、3つ目はそのような活動をどのような基準で評価すればよいのかという基準の問題、4つ目は個々の機関で策定した評価基準が他の機関でも有効かどうかの普遍性の問題である。

最後に、以上の問題について、高等教育と歴史学(研究者)の2つの文脈での参考文献をまとめている。

———————————

ちなみに、この「再定義」の話は、今年から(?)少し動きを見せている。(1993年のレポート公表後の動きもまた調べなければならないが。)

デジタルヒストリーをテーマとしたAHA2012年大会の後、AHAに対して研究者らが「デジタル的転回における歴史学の学術成果を再定義せよ」という意見書を提出しており、結果、デジタル時代の歴史学の学術成果に関するタスクフォースが組織されることになった。今後、どのような議論になるかが気になるところ。

そして個人的には、パブリックヒストリー等の活動が「学術成果」に位置づけられていることも覚えておきたい。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中