歴史研究者にとって電子書籍とは

アメリカ歴史学会(AHA)の”Perspectives on History”の2012年5月号に、“History E-books May Be Good for Reading, but Not (Yet) for Reviewing”という記事が掲載されている。

タイトル通りの内容で、「歴史研究者にとって電子書籍は、読むにはいいけど、レビューする際には(まだ)あまりいいものではない」というものだ。

記事の内容のポイントをいくつか取り上げると次の通り。

・AHAメンバー101人に対して、過去4年間AHAの賞の選考のために、本を電子媒体で受け取ることに関心がないと答えたのは68%であった。これに対し、電子媒体の方がよいと回答したのが8%で、23%はデジタル版の本でも構わないと答えた。

・上記調査で62%は現在電子書籍を読んでいると回答しており、全員が電子書籍に対してネガティブな印象を持っているわけではないことが分かる。このように、電子書籍を読むことに関して好意的な人が増えているのは明らかだが、電子書籍はテキストをレビューする際に現在行っている方法ではできない点に難点があるとされる。

・レビューする際の方法は、82%が印刷本への書き込みもしくはマーク付けを行うと答えた。余白にいつも/だいたい書き込むと答えたのは38%、参照のためポストイットを使うが32%、下線を引くと応えたのは29%だった。

・歴史書を読んでハイライトをすると応えたのは20%強に過ぎず、反対に(めったに)したことがないと答えたのは80%弱にもなることから、現状の電子書籍の機能で、ハイライトとコメント付与が可能となっているものの、調査の結果からは、それらはあまり必要ではない機能であることが示された。

・レビュー目的では、電子より紙がよいと答えた理由は、紙の方が飛ばし読みがしやすいこと、深く読み込む場合にとっては、脚注と引用との間の結び方に限界があること、電子書籍は書評を書いたり結果をまとめる際に邪魔になること等が挙げられた。

最後に結論として、「ボーンデジタルとなるなら話は別だが、調査結果からは、電子書籍は近い将来の差し迫った問題にはなっていないことが分かる」と指摘している。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中