sendaihiscafe:

先日の放送、ご試聴いただき本当にありがとうございました。

今回の参考文献を紹介します。

・南直人「「近代的食生活」の現実―家計調査からみた世紀転換期ドイツの食物摂取量」『西洋史学』201、2001年
・梅村芳樹『ジャガイモ―その人とのかかわり―』古今書院、1984年
・フェリペ・フェルナンデス=アルメスト(小田切勝子訳)『食べる人類誌 火の発見からファーストフードの蔓延まで』早川書房、2003年

ヨーロッパにおけるジャガイモの普及(アイルランド、イギリス、フランス)に関しては、

・ラリー・ザッカーマン(関口篤訳)『じゃがいもが世界を救った―ポテト文化史―』青土社、2003年

せんだい歴史学Cafe: 第9回「西洋史の食いしん坊万歳!」 の参考文献

広告

コメントする

2012/06/29 · 13:07

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中