13世紀末から16世紀初頭までにカタルーニャ語で書かれた/翻訳された科学・技術関係史料データベース “Sciència.cat DB”

13世紀末から16世紀初頭にかけて、カタルーニャ語で書かれた、もしくはカタルーニャ語に訳された、科学・技術関係史料に関するデータベース“Sciència.cat DB”。これは、“Sciencia. cat”という、あまり知られていない/研究されていない中近世カタルーニャの歴史的な遺産へのアクセスを高める活動を行っている、バルセロナ大の研究グループが作成したもの。

データベースは、作品、マニュスクリプト、インキュナブラ(1800年まで)、文書館資料、著者名・翻訳者等の人名、二次資料等の参考文献等が収録されており、英語、スペイン語(カスティーリャ語)、カタルーニャ語で利用できる。

なお、作成したバルセロナ大の研究グループは、NarpanDBというカタルーニャにおけるDigital Humanities研究イニシアティブで提供している、1500年までにカタルーニャ語に翻訳された文献史料のデータベース“Translat DB”等の他のデータベースも、“Sciència.cat DB”を補うために活用してほしいとしている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中