「役に立つ13の専攻」と「役に立たない13の専攻」

The Daily Beastというニュースサイトで「役に立たない13の専攻」と「役に立つ13の専攻」という2つの記事が掲載されている。

いずれの記事も、2012年1月にジョージタウン大学のCenter on Education and the Workforceが刊行した“Hard Times”という、学部時代の専攻と就職・給料との関係について調査したレポートと、労働統計局(Bureau of Labor Statistics)のデータに基づいてまとめられている。

したがって、「役に立つ」とか「役に立たない」というのは、低い失業率と高い給料を得られる、今後10年間成長する見込みのある分野に就職できるか否か、という観点でのもの。紹介されている計26の専攻については、最近の就職率や給料や、2020年までの成長の見込み等も紹介されている。

それで、役に立つとされた13の専攻は次の通り。

1. Nursing 

2. Mechanical Engineering 

3. Electrical Engineering 

4. Civil Engineering 

5. Computer Science

6. Finance 

7. Marketing and Marketing Research 

8. Mathematics 

9. Accounting

10. French, German, Latin, and other Common Foreign Languages 

11. General Business 

12. Elementary Education 

13. Economics 

10位?にフランス語やドイツ語の外国語の専攻があげられているのは興味深い。

次に、役に立たないとされた13の専攻は以下の通り。

1. Fine Arts

2. Drama and Theatre Arts 

3. Film, Video, and Photographic Arts

4. Commercial Art and Graphic Design

5. Architecture

6. Philosophy and Religious Studies

7. English Literature and Language

8. Journalism

9. Anthropology and Archeology

10. Hospitality Management

11. Music

12. History

13. Political Science and Government

こちらは軒並み人文・芸術系。12位?に歴史学が出ている。

—————

件の“Hard Times”というレポートについては少し前にも話題になっていたかもしれない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中