ポンペイの壁画等のデータベースと3Dモデルを提供する“Digital Pompeii Project”

アーカンソー大学の古典研究プログラム・人文学プログラム・先進空間技術センター(とでも訳すのだろうか?原語はCenter for Advanced Spatial Technology)の共同プロジェクト“Digital Pompeii Project”。

ポンペイのビジュアルアートや物質文化に関するデータベースを構築し、それにポンペイの3Dモデルとリンクさせるのが最終目標とされている。

データベースは”Pompei: pitture e mosaici”を基に作成されており、それに掲載されているモザイク画や壁面等のスキャンデータを公開するとともに、その画像等の設置場所・スタイル・色・形状等のデータも提供している。

3Dモデルについては、現状ではデモ版のみを公開しており、House of Vettiiの内部を提供しているようだ。(プラグインソフトがうまくいかず見ることができなかった。)

現状では、データベースと3Dモデルは別々に構築されており、その二つの結びつけは今後の予定となっている。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中