デジタルヒューマニティーズにおける共同研究を扱った本“Collaborative Research in the Digital Humanities”

編者二人とも、King’s College LondonのDH学部の方のようだ。

via medeamalmo:

This book addresses several issues of research collaboration from the multiple perspectives of institutions, projects and individual researchers.

Edited by Marilyn Deegan and Willard McCarty. Purchase the book here: http://www.ashgate.com/isbn/9781409410683

About

Collaboration within digital humanities is both a pertinent and a pressing topic as the traditional mode of the humanist, working alone in his or her study, is supplemented by explicitly co-operative, interdependent and collaborative research. This is particularly true where computational methods are employed in large-scale digital humanities projects. This book, which celebrates the contributions of Harold Short to this field, presents fourteen essays by leading authors in the digital humanities. It addresses several issues of collaboration, from the multiple perspectives of institutions, projects and individual researchers.

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中