マイクロ化→デジタル化で黒くつぶれて読めなくなった史料を解読する方法

KCLの博士課程に在籍しているAdam Crymbleさんが自身のブログで、デジタル化された史料に時々(というか結構な頻度で)登場する、黒くつぶれてしまって読めない文字をフリーソフトを使って判読する方法を解説している。

記事では、Photoshopに似たフリーソフトGIMPを使用している。ざっくり紹介すると以下の手順のようだ。詳細は元記事を参照のこと。

①オリジナルの画像を保存

②GIMPで画像を開く

③明るさ/コントラストを、つぶれている部分がなんとなく見えそうなところまで調節

④文字が判読できるように色を付ける

⑤文字をトレースして読む

—————

日にかざしたりして必死に解読した記憶があるな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中