パブリックヒストリアンの新たなキャリアパスを考えるためのブログ

2012年にミルウォーキーで開催されるNational Council on Public History(NCPH)とOrganization of American Historians(OAH)の合同ミーティングでの、同名のワーキンググループのブログサイト。

パブリックヒストリアンが今後生計を立てるにはどうしたらよいか、という(ストレートかつ切実な)問題について議論することを目的に開設された。パブリックヒストリアンの活躍する場は広がる一方で、先の暗い経済状況を見据えると、それも安泰ではないという。ブログは、問いかけとそれに対する応答の記事から成り立っている。

AHAの前会長の話では、博士課程の学生がテニュアを取るのは厳しくなってきているので、パブリックヒストリーの方面を見ていかねばということだったが、必ずしもそれで大丈夫というわけではないようだ。歴史を学んだものが歴史研究者だけではなく、ほかにどのような職を開拓できるのかを考える上で、今後も見ておきたいサイトかもしれない。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中