American Philological Associationでデジタル古典学協会結成の動き

American Philological Association(APA)内で、デジタル技術を用いた古典学研究の推進を目指す「デジタル古典学協会」(Digital Classics Association/DCA)という組織結成の動きがあるようだ。2012年3月10日付のAPAのブログに参加募集の記事が掲載されている。

DCAのさしあたりの目標は、APAの年次大会でデジタル古典学(digital classics)に関する部会を設けることにあるとしており、そのためにはAPA内のアフィリエイトグループとして認められる必要があるという。

APAのアフィリエイトグループとして認定される期限は3月23日で、これがうまくうけば、DCAのグループ会議とセッションが2014年のAPA年次大会で開催される運びとなる。

ちなみに、APAは1869年設立、古代ギリシア・ローマの言語・文学・文明研究を行う学会。

————

アメリカにおける古典学研究領域でのデジタルヒューマニティーズの母体となるのだろうか。他にはどのような組織があるのだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中