古代史史料に登場する地名を検索し、それに言及する他の史料を教えてくれる“Google Ancient Places”

前500年から紀元後500年までの古典のテキストに登場する古代の地名を検索し、その結果をユーザフレンドリーな形で表示してくれるというウェブアプリ開発プロジェクト“Google Ancient Places”(以下、GAP)。GoogleのDH助成プログラムである“Google’s Digital Humanities Research Awards”の一つである。

プロジェクトリーダーは、米サウサンプトン大学のLeif Isaksen氏で、そのほかに英オープン・ユニバーシティ、エディンバラ大学、米カリフォルニア大バークレー校等の研究者が参加している。

この研究では、史料のテキストのなかから古代の地名を見つけ出すことができるというだけでなく、それをもとに、その地名に言及した本を見つけることができるようにするという。前者の「地名を発見する」という点に関しては、“Edinburgh Geoparser”の成果を利用し、後者の「地名から本を示す」という流れについては、この研究グループが開発した“GapVis”を利用している。

Leif Isaksen氏は、「GAPを利用すれば、著者の語る地名がどのように動いているかだけでなく、歴史的なテキストの中で都市の重要度がどのように変化しているのかがわかる」と説明している。

—————

GapVisが興味深い。ヘロドトスやトゥキディデスだけでなく、ギボンも。史学史としても利用できそうだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中