西洋中世関係ポータルサイトMénestrelに、西洋中世学会が参加

2012年2月12日付の西洋中世学会のウェブサイトに、西洋中世関係ポータルサイト「メネストレル(Ménestrel)の日本部門(Lieux et acteurs)を担当することになった、という記事が掲載されている。(文面を見る限り、担当するのは西洋中世学会がなのか、あるいは記事投稿者の田辺氏なのかはよくわからない。おそらく前者か。)

Ménestrelは1997年6月に初会合をもった団体で、インターネット上で中世研究のコミュニティネットワークを形成しようというもの。『中世研究者とコンピュータ』“Medieviste et l’Ordinateur”というジャーナルを母体としているようだ。

Ménestrelは、西洋中世研究に関するオンラインリソースの開発(特にフランス語のリソース)と、インターネット上での中世研究の成果の可視化、学術的な交流の活性化を目的としているとのこと。ポータルサイトには、各国の中世研究の団体一覧とその情報や、中世研究に関するリソース等がまとめられている。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中