「デジタルヒューマニティーズ」の前史を尋ねるHidden Histories

1年前の記事だが、気になるので自分用のメモを兼ねてご紹介。

2011年2月11日に、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの情報学部およびデジタルヒューマニティーズ研究センターのJulianne Nyhan氏とAnne Welsh氏の二人による研究プロジェクト“‘Digital Humanities as Wissensraum: uncovering hidden histories (c. 1949-1980)”の開始が発表されている。

1980年以前にもコンピュータを人文学に応用した研究が行われていながら、それらは知られていない(Hidden Histories)として、このプロジェクトでは、そのような先駆者から史料の収集を行い、研究史を跡付けていこうというもの。

史学史的にも重要な研究だと思われる。成果を期待したい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中