キングス・カレッジ・ロンドンのeリサーチセンターとデジタルヒューマニティーズ学科が統合

2012年1月23日に、キングス・カレッジ・ロンドンのeリサーチセンター(Centre for e-Research/CeRch)が、デジタルヒューマニティーズ学科と統合し、人文科学研究科(School of Arts & Humanities)内の一つの学科となると発表している。

2008年に設立されたCeRchは、それ以前の人文科学データサービス(Arts and Humanities Data Service)と、 人文科学研究協議会ICT方法ネットワーク(Arts and Humanities Research Council ICT Methods Network)を前身とした組織。電子図書館やデジタルアーカイブに関する研究を主とする。

デジタルヒューマニティーズ学科は、古典研究や歴史学、文学といった研究領域におけるデジタル技術活用の道を切り拓いた、イギリスにおけるパイオニア的存在とのこと。

デジタルヒューマニティーズ学科の新学科長には、British Libraryでキュレーターの職にあったAndrew Prescott教授が着任するようだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中