アメリカ歴史学会ニューズレター最新号に「若手研究者問題」「歴史学と現代社会」関連の論考が掲載

アメリカ歴史学会(American Historical Association:AHA)のニューズレター“Perspectives”の最新号(2011年12月号)に、「若手研究者問題」と「歴史学と現代社会」をテーマとした記事が複数本掲載されている。

メインの記事は、AHA会長のAnthony Graftonと、AHAの役員のJim Grossmanによる巻頭の2本。

Graftonはこれまでに2回(2011年10月、11月)、そのニューズレターに若手研究者問題とその解決に向けた提案を掲載しているが、今回の“Historians at Work, III: Public History”という記事はその続編にあたるものである

記事では、ニューヨーク市博物館(Museum of the City of New York)で働く若手歴史研究者が、様々な専門家と共同で企画展示に携わっている様子やその成果が取り上げられ、その最後にGraftonは、「これこそまさに歴史学だ」と称え、若手研究者のパブリック・ヒストリー活動に関心のある博物館関係者に対してアンドリュー・W・メロン財団が支援するパブリック・ヒストリーのプログラムを推奨している。(このGraftonの記事に関連したものとして、“Tenured Radical”の12月19日付の記事があるので、併せて読みたい。)

Grossmanの“Historical Sensibility and Civil Society”という記事は、政治の議論における歴史学的思考と歴史学的成果の有用性というものについて提起する内容となっている。

なお、この号には若手研究者問題に関する他の記事が数件あるほか、これまでに2回掲載されたGraftonの記事に対する批判、およびGraftonによる反批判も掲載されている。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中