日本学術振興会、人文・社会科学の国際化に関する研究会の最終報告書を公開

学術振興会に人文・社会科学の国際化に関する研究会というのが作られていたらしい。

2008年12月に文科省の委託を受けて、2009年5月29日に第1回の会合が開かれ、その後2011年7月14日の第10回まで行われた。

委託された調査内容は以下の通り。

① 「国際的に活躍している研究者の数と業績の位置付け」

② 「日本人の得意分野・不得意分野」

③ 「国際発信における問題点」

④ 「研究者研究拠点のネットワーク」

これらの項目を中心に、

人文学と社会科学における国際化がどのような現況にあるか、どのような問題を抱えているかについて分析を試み、東洋史学、社会学、法学、政治学、経済学の5分野を取り上げた。

とのことである。(p.1)

なお、人文系の、それも歴史系の学問の中で東洋史を取り上げているのは

日本の人文学の国際化の一事例として、学問伝統と可能性と課題を凝縮した形で体現する

から(p.3)、とのこと。

報告書はいろいろなテーマで議論されているので、ここではその紹介は割愛したい。ちなみに、最終章が要約となっているので、とりあえず全体を把握するには最終章から読み始めたほうがいい。

———-

東洋史に代表させる違和感もあるが、何より公開の仕方に疑問を感じた。

・まず、2009年に開始された研究会のページを、終わった後の2011年10月20日に初めて公開するのもおかしな話だが、さらにはページを公開しても、「最終報告書」の公開のお知らせについては、トップページはおろかそのページのニュース欄にも載せていないのは、見せたくない理由でもあるのではと勘ぐりたくなる。おそらくこの報告書をもとに文科省の人文学及び社会科学の振興に関する委員会は議論されるのだろう。

・どのような議論を経てこの最終報告書にまとめられたのかを後々知るためにも、研究会の配付資料や会議録は公開して欲しいと思う。(どうも見つからず。)

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中