Brown UniversityとWheaton Collegeによる共同プロジェクト“TAPAS”

Brown UniversityとWheaton Collegeの図書館によるDHプロジェクト“TEI Archival Publishing and Access Service(TAPAS)”。このたび、Institute for Museum and Library Servicesからの助成が決定し、2011年12月1日から3年間プロジェクトが行われるようだ。

TAPASの目的は、TEIのガイドラインに沿った研究資料を作る人文学研究者のために、その共有可能なリポジトリと、出版及び保存のサービスを提供しようというもので、そのためのオープンアクセス・オープンソースのツールの作成を目指すという。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中