「なぜDigital Humanitiesなのか?」 NITLE Lab のLisa Spiro氏によるスライド

アメリカのNatioanl Institute for Technology in Liberal Education(NITLE)のNITLE LabのディレクターLisa Spiro氏によるDH発表スライド。

DHの定義から始まり、DHが及んでいる領域とその背景を説明し、それぞれについてプロジェクトを紹介している。

——

あれこれとプロジェクトやDHの波及範囲などが紹介されていて、なかなか興味深い。特に、DHが人文学の活性化とアカデミー外への影響につながるとしている点については、なにやら一粒で二度おいしい気になる。

が、こういった議論を見ていて最近思うのは、特に歴史学におけるDHについては、既存の史学方法論の限界や史学史への反省を踏まえたうえでの導入が、DHにとっても「オーソドックスな」歴史学にとっても望ましいのではということ。そのあたり、Digital Historyではどのような議論をされているのだろうか。

  • NITLE Labs – Natioanl Institute for Technology in Liberal Education
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中