Culture Machine(vol.12, 2011)がDigital Humanitiesを特集

“Culture Machine”の最新号(Vol. 12 (2011))が、“The Digital Humanities: Beyond Computing”の特集を組んでいる。

“Culture Machine”は、1999年に創刊された、カルチュラル・スタディーズと文化理論に関する査読付きオープンアクセス誌。

各論考は以下の通り。ウェブサイトではそれぞれPDFで提供されている。

・Rethinking the Digital Humanities in the Context of Originary Technicity / Federica Frabetti 

・Believing in the (Analogico-)Digital / Jake Buckley

・Humanities Approaches to Interface Theory / Johanna Drucker

・Technics and Violence in Electronic Literature / Davin Heckman

・E-Lit Works as ‘Forms of Culture’: Envisioning Digital Literary Subjectivity / Mauro Carassai 

・The Digital Future of Authorship: Rethinking Originality / Kathleen Fitzpatrick 

・Meaning, Semiotechnologies and Participatory Media / Ganaele Langlois

・On the Embodied Aesthetics of Code / Scott Dexter, Melissa Dolese, Angelika Seidel, Aaron Kozbelt

・Glitch/Glitsh: (More Power) Lucky Break and the Position of Modern Technology / Benjamin Schultz-Figueroa

・The Computational Turn: Thinking About the Digital Humanities / David M. Berry

・The Digital Humanities Beyond Computing: A Postscript / Gary Hall 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中