カナダにおける博士課程学生に対するアカデミー外への就職支援活動

2011年9月7日付けのThe Chronicle of Higher Educationに“Canada Prepares Young Researchers for Nonacademic Careers”という記事が掲載されている。

カナダにおいてもアカデミックポストは供給過剰となっており、博士課程の学生が大学等の研究職に就くことは難しくなっているようだ。

記事では、カナダのNatural Sciences and Engineering Research Council of Canadaが、理系の博士課程の学生に対して、アカデミー外への、すなわち一般企業等への就職を支援すべく提供している、コミュニケーションやリーダーシップ、知財管理等の研修プログラムについて紹介している。人文・社会系の学生には、Social Sciences and Humanities Research Councilが来年3月から同様のプログラムの提供を開始するようだ。

同じようなテーマでアメリカやイギリスでの話を記事で見ることがあるが、今度はカナダから。世知辛い、と嘆くだけではもうすまないだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中