聖地を対象とした情報考古学プロジェクト“Digital Archaeological Atlas of the Holy Land”

現代のイスラエル、パレスチナ、ヨルダン、南レバノン、シリア、シナイ半島地域の聖地を対象とした考古学研究と、GISを含むIT技術を融合させた、聖地の情報考古学研究プロジェクト。このサイトでは、先史時代から20世紀までを対象に、歴史地図とデータベース検索の二つがメインテーマに据えられている。

プロジェクトは、Digital Archaeological Atlas Network for the Mediterranean regionという地中海周辺地域の情報考古学ネットワークの一つの研究成果となっており、アメリカやイスラエルを中心に30名以上の研究者がデータ提供を行って運営されているとのこと。

—-

しかし、見にくいサイトだなと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中