「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)に基づく体制整備の実施状況報告書について(分析結果報告)」 文科省が公表

文科省が、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)に基づく体制整備の実施状況報告書について(分析結果報告)」を9月5日に公表している。

趣旨は以下の通り。

文部科学省では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定)(以下、「ガイドライン」という。)第7節に基づき、ガイドラインを踏まえた機関における不正防止の体制整備等の実施状況についての報告書(以下、「報告書」という。)の提出を機関に求めている。

機関から提出された報告書について、その記載内容の分析を行うとともに、別途実施した現地調査結果の分析を併せて行い、機関におけるガイドラインへの対応状況を整理した結果をここに報告するものである。

機関におかれては、この分析結果報告を参考にして検討し、不正防止の適切な体制整備等に取り組んでいただきたい。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中