‘The English Landscapes and Identities project’: オクスフォード大による古代から中世までの土地景観の変遷マップ作成プロジェクト

オクスフォード大がイギリスの古代から中世までの土地の景観の変遷をマッピングする‘The English Landscapes and Identities project’をはじめたようだ。

 ‘The English Landscapes and Identities project’では、前1500年から紀元後1056年までの約2500年を対象として、どういう風に土地が使われ、どのようにそれが変化してきたのかを探るという。もちろん考古学上の遺跡も収録されるようだ。

その成果となるウェブサイト ‘Portal to the Past’は2014年に公開予定とのこと。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中