「戦地考古学」? Cuban Battlefields of the Spanish-Cuban-American Warというマッピングサイト

戦地に眠る「考古学的資料」、すなわち遺物は、オーラルヒストリーと文献資料と組み合わさるものであり、その戦争を理解する上で重要な史料となりうるものであるいう。

ネブラスカ大学研究者らは、上記のような考えから、アメリカの対外政策史上転換点となっているキューバ・スペイン・アメリカ戦争の戦地についてマッピングしたサイトを公開している。また、戦地に関する情報や戦争のモニュメント写真なども掲載しているようだ。

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中