アメリカにおける学部学生時代の専攻と卒業後の平均収入の関係を調査したレポート

American Historical Association (AHA) が、“New Report Finds U.S. History Majors Highest Earners in Humanities”という記事を掲載している。

これはジョージタウン大学による研究レポートを紹介したもので、そのレポートでは、学部学生時代に修めた専攻別に、卒業後の平均収入を調査している。それによると、人文学の中では歴史学を修めた人のほうが収入が一番高い傾向にあることが分かったらしい。さらに歴史学の中でも、米国史を修めた人のほうが外国史研究を修めた人に比べて高いとのこと。

理系を含め171の専攻に分けて紹介しているので、なかなかに興味深い。

  • New Report Finds U.S. History Majors Highest Earners in Humanities

http://blog.historians.org/news/1340/new-report-finds-us-history-majors-highest-earners-in-humanities

元の資料群は以下。

  • Anthony P. Carnevale – Jeff Strohl – Michelle Melton

http://cew.georgetown.edu/whatsitworth/

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中